「酵素」と「生酵素」の違いを調べてみました

「酵素」と「生酵素」の違いを調べてみました

最近、酵素ダイエットって言葉をよく耳にします。

海外モデルのミランダカーも酵素ドリンクを飲んでいて話題になっていますよね。

酵素ドリンクや酵素サプリメントを飲むだけの、お手軽ダイエット方法です。

 

たったこれだけで体重を落とすことができるなんて、うれしいですよね。

ですが酵素には「酵素」「生酵素」の2つの種類があるんです。

この2つによってダイエット効果が違ってくるのか気になったので調べてみました。

 

結論から言うと、だいぶダイエット効果が違ってくるようです。

というのも、酵素が非常に熱に弱い成分だというのが理由です。

「生酵素」というのは、名前の通り酵素に手を加えていないもののことをいいます。

それに比べ、「酵素」は加熱処理したもののことをいいます。

「酵素」は熱を加えてしまっているので、体に取り入れても酵素のはたらきをうながす効果は低いようです。

 

効率的に酵素ダイエットをしたいなって考えるなら、生酵素を摂取したほうがよさそうですね。

生酵素を摂取するなら、生酵素ドリンクを作ってみるのもいいかもしれません。

自分が好きな果物や野菜でジュースを作れば、ダイエットも長続きしそうですよね。

酵素ドリンクを手作りするなら、まずは1種類の果物を使って作ってみるのが、簡単で失敗も少なくなります。

おすすめは、リンゴです。